ドリームラッキー

ブログ読んでラッキーと感じてもらえる情報を発信できるように心がけています。このブログを読んでくれたみんなの夢、私の夢がいつかかないますように。そんな思いを込めたブログ名です。

【林修の今でしょ!講座】4/14 谷本道哉さん「自宅で出来る30秒フィットネス ①腰痛改善 ②肩こり改善 ③つまつ˝き改善」筋肉体操

2020年4月14日(火)【林修今でしょ!講座】

「今こそ丈夫な体を作ろう3大講座SP」

NHKの筋肉体操でお馴染みの

谷本道哉さんが教えて下さいました。

もう一つのテーマは
「豚肉VS鶏肉」のスゴイ栄養パワー!

唐揚げと生姜焼きが美味しくなる裏技や

驚きの栄養効果をご紹介します。

 

  自宅で出来る30秒フィットネス 筋肉体操

腰痛・肩こり・つまずきを簡単改善。

大人気の谷本道哉先生が、

大人から子供まで誰でも簡単に出来る、

たった30秒で効果絶大の運動法を

体の症状別に伝授。木村拓哉林修が挑戦します!

 

1320円

Image result for 超ラジオ体操

ラジオ体操の効果を効率的にする

アレンジバージョン。

 

肩こり、腰痛、むくみ、冷え性改善

凝った身体を和らげ超快適にする体操です。

ポイントは1つずつ大きくゆっくりと

大きな動きを意識する事です。

1.腕を上下に伸ばす

肩甲骨と背骨の周囲の筋肉を大きく動かします。

① 肩と肘を引き、両手を肩に置き、

  大きく反らします。

Image result for 超ラジオ体操  両手を肩に


② 手を組んで伸びをします。

  上を向いて更に反らします。

Image result for 超ラジオ体操  両手を肩に

③ 戻る時には再度大きく肘を引いて

  胸を反らして肩を手に置きます。

 

④ 足を閉じながらゆっくりと腕を下に下げます。

  ゆっくりと倍の数を数え

  一つずつの動きを大きくする事を意識します。

Image result for 超ラジオ体操  両手を肩に

⑤ 1日左右2回行います。

2.体を回す運動

通常の半分の速さでゆっくりと

手を組んで行います。

 

① 手を組み、肩を出来るだけ前に出し

  背中を丸めます。

 

② 前屈をして腕が外を回るように

  ゆっくりと大きく前進を回します。

 

③ 手を上にした時に、手のひらを上に向け

  体を更に反らすと更に効果が上がります。

 

④ 同じように反対側も行います。

  

  手を組んでストレッチするので

  軌道が大きくなり、股関節を

  大きく動かせ事が出来ます。

  

  体を大きく反らし、ゆっくりとした動きで

  全身の凝りをほぐしていきます。

3.脚を付け根から大きく振る

本来のラジオ体操に欠けている

股関節をほぐす動きで、

バランス感覚を養い、

転倒防止効果を期待します。

 

① 右手を壁につけ、左足を上げて

  前後に大きくふる動作を4往復します。

 

② 脚と腕を逆に降るので

  脚が上がりやすくなります。

  上半身は真っすぐにし、

  動かさないように気をつけます。

 

③ 反対の脚も同じように4往復します。

4.快適に体を動かす3つのポイント

Image result for 超ラジオ体操

5.腕をふり、脚を曲げ伸ばす

Image result for 超ラジオ体操

6.伸びの運動

Image result for 超ラジオ体操

7.4/14 放送内容

① 肩こり改善

正しい姿勢を保ち、

長時間のスマホやPC利用で猫背になり

腕と首の重力で肩の筋肉が引っ張られ

凝っている肩を改善します。

 

⑴ 手を肩に置き、胸を張って肩甲骨を寄せます。

 

⑵ 前方に肘を出し、背中を丸めます。

 

⑶ 手を組み、頭上に伸ばします。

 

⑷ ここまでの動作を30秒間で2回行います。

② 腰痛改善

体は筋肉が後ろに引っ張られて支えています。

長時間の立ち仕事で同じ姿勢を保ったり

運動不足になると腰に負担がかかり

腰痛のリスクとなります。そこで、

このトレーニングで背中の筋肉を鍛え

腰痛改善を目指します。

 

⑴ 体の前で手を組み、前に引っ張るように

  伸ばします。

 

⑵ ⑴の姿勢のまま右回りで体を大きく回します。

 

⑶ 左側2往復、右側2往復、ゆっくりと

  行います。このように

  体を後ろに大きく反らすと

  背中の筋肉がほぐれます。

③ つまつ˝き改善

ふくらはぎの筋肉を鍛え

歩行時の蹴りを強化し、

「つまつ˝き」を改善します。

 

心臓に血液を戻すふくらはぎの筋肉を強化。

脳梗塞も予防します。

 

⑴ 階段の段差につま先を乗せます。

 

⑵ 踵を上げたり、下げたりします。 

 

 

  

 豚肉

1.血管を元気にする

豚肉の脂質のアラキドン酸は体内で

アナンダマイドに変わり、血管を拡張し

高血圧予防をサポートします。

豚レバーも血管を元気にします。

 

長寿県、沖縄では豚レバーを入れた

「チムシンジ」が滋養食です。

2.記憶力の低下防止

豚肉のビタミンB1は記憶力低下予防になります。

お薦めは食後のオレンジジュース。

オレンジのクエン酸が豚肉のビタミンB1と合わさり

エネルギーを作る効率アップに繋がります。

酢豚のパイナップルも同じ理由でお薦めです。

3.免疫細胞を作る

豚肉、中でも豚ヒレ肉は

鶏肉の10倍のビタミンB1

が含まれます。

 

ビタミンB1不足は免疫細胞を小さくしますが

1~2週間日常的にビタミンB1を摂取すると

大きさを元に戻せます。

 

4.豚肉とキャベツのにんにく炒め

長寿の沖縄県北中城村のの豚肉レシピ

豚肉&アリシン

① 豚肉とキャベツをニンニクと一緒に炒めます。

 

② お豆腐を加え、だしの素とお醤油で

  味を調整して出来上がりです。

 

ニンニクのアリシンがビタミンB1の吸収を10倍にします。

玉ねぎやニラにもアリシンが豊富なので

豚キムチもお薦めです。

5.生姜焼き 美味しくなる裏技・健康効果

2019年4月29日(月)

【名医のTHE太鼓判!】健康効果が上がる

家庭料理ベスト10に選ばれた

『最強生姜焼き 特製ダレ』をご紹介します。

 

ビタミンB1不足 解消

豚肉は鶏肉、牛肉の10倍の

ビタミンB1吸収率です。

糖質を分解して新陳代謝を良くし

肥満防止にも効果のある

ビタミンB1。 

肥満防止

睡眠改善

脳の活性化

玉ネギ 

ビタミンB1吸収率アップ

玉ネギと一緒に摂取すると

玉ネギの利用成分、

アリシンが血液をサラサラに。

ビタミンB1の吸収率を10倍に高めます。

水溶性で溶けやすいビタミンB1

玉ネギのアリシンで脂溶性に変化。

 

体内に長くとどまり、

吸収率を10倍に高めます。

ビタミンB1 小麦粉で流出阻止

ビタミンB1は水溶性です。加熱すると豚肉の水分と一緒に

溶け出します。

 

小麦粉で覆う事でビタミンB1

流出を最小限に抑えます。

f:id:moko2moko2:20190430011526j:plain

オーブン加熱 栄養分を閉じ込める

表面を焼いた豚肉を

オーブンで加熱し、ビタミンB1 

栄養素を中に閉じ込めます。

f:id:moko2moko2:20190430011603j:plain

6.スペアリブ カルシウム不足に

カルシウム不足は骨付きスペアリブで補充

f:id:moko2moko2:20190430011637j:plain

豚肉の生姜焼きの唯一の欠点が

カルシウム不足。これをスペアリブで

補足します。

f:id:moko2moko2:20190430011310j:plain

f:id:moko2moko2:20190430011339j:plain

f:id:moko2moko2:20190430011411j:plain

材料

豚肉のスペアリブ

玉ネギ

おろし生姜

おろしにんにく

舞茸

リンゴ酢

小麦粉

サラダ油

たれ

お醤油

お酒

みりん

作り方

f:id:moko2moko2:20190430011725j:plain

① 豚肉の骨付きスペアリブを

  小麦粉でコーティングします。

f:id:moko2moko2:20190430011758j:plain

② フライパンでしっかりと焼きます。

 

③ すりおろした玉ねぎ、

  おろししょうがを入れます。

 

④ 舞茸、リンゴ酢を入れます。

f:id:moko2moko2:20190430011832j:plain

リンゴ酢の酢酸が骨を溶かし

カルシウムの成分をタレに含ませます。

舞茸のビタミンDはカルシウム吸収を促進。

f:id:moko2moko2:20190430011908j:plain

f:id:moko2moko2:20190430011937j:plain

f:id:moko2moko2:20190430012007j:plain

⑤ お醤油、お酒、みりん

  を混ぜ合わせたタレを

  全体にかけて完成です。

f:id:moko2moko2:20190430012043j:plain

7.10分で出来る 豚の生姜焼き  前田量子さん

 

  鶏肉 ビタミンAで粘膜を丈夫にして感染予防

1.骨を丈夫にする

鶏肉に豊富なビタミンKとコラーゲンは

骨をしなやかに、丈夫にします。

特に鶏の軟骨に多く含まれ、鶏皮に豊富な

ビタミンKはコラーゲンの働きをサポートします。

 

鹿児島では鶏飯、さつま汁が名産ですが。

サツマイモのビタミンCはコラーゲン生成に必須。

この理由から唐揚げには

レモンを絞るのがお薦めです

2.筋肉の疲労回復

鶏肉の抗酸化物質イミダゾールペプチドは

豚肉の2倍、牛肉の5倍含まれ、

疲労回復をサポートし、24時間効果があります。

1日50gの鶏むね肉を朝食に食べ、

水溶性なので煮汁も一緒に摂取して

効果を高めましょう。

3.粘膜を強くする

鶏肉に豊富なビタミンAは粘膜や皮膚に潤う

バリアを作り、ウイルスから体を守ります。

ビタミンA不足は肌や目の乾燥に繋がります。

4.鶏レバー ニンジンの約20倍のビタミンA

鶏肉の支出金額全国2位の鹿児島で

95歳の長寿の宮内義光さんは

黒砂糖入りのレバニラ炒めが大好物。

 

鶏レバーは他の部位と比較して

ビタミンAが一番豊富です。

 

100gあたりの部位別ビタミンA量

レバー  14000

ハツ    700

皮     120

手羽      47

皮つきモモ   40

 

ポイント

油溶性なので、油と一緒に摂取すると

効率的に栄養が取れます。

 

お薦めはレバーばかりでなく

脂の入っている焼き鳥も

バランス良く食べる事です。

5.木村拓哉さん 鶏むね肉のぶっかけご飯

① 鶏のむね肉と、玉ねぎを出汁で煮込みます。

② 溶き卵を加えます。

③ ご飯にかけて出来上がりです。

6.鶏胸肉の納豆梅和え

材料

鶏胸肉

納豆

梅干し

青じそ

めんつゆ

 

作り方

① 鶏胸肉を茹でてほぐし

  梅干しの種を取ります。

 

② ボウルに納豆と①、めんつゆを入れ、

  混ぜます。

 

③ 青じそを刻んでお皿に盛った

  ②にトッピングして出来上がりです。