ドリームラッキー

ブログ読んでラッキーと感じてもらえる情報を発信できるように心がけています。このブログを読んでくれたみんなの夢、私の夢がいつかかないますように。そんな思いを込めたブログ名です。

【教えてもらう前と後】6/30 ニューオータニ総料理長のレシピ「こがしバター醤油卵かけごはん」の作り方 

2020年6月30日(火)【教えてもらう前と後】

極上の卵かけご飯☆TKG

ニューオータニ総料理長のレシピ

「こがしバター醤油卵かけごはん」

の作り方をご紹介します。

 

[無料写真] 卵かけご飯

  極上卵かけごはん

1.こがしバター醤油卵かけごはん ニューオータニ総料理長

f:id:shitteyokatta:20200701020540j:plain

材料

ご飯  1膳

卵   1個

バター

にんにく

お醤油

黒コショウ

 

作り方

① 卵を黄身と白身に分けます。

f:id:shitteyokatta:20200701020701j:plain

② ご飯に白身を混ぜる事で

  メレンゲのように

  ふわふわのご飯になります。

f:id:shitteyokatta:20200701020801j:plain

f:id:shitteyokatta:20200701020834j:plain

③ 卵黄を乗せます。

f:id:shitteyokatta:20200701020946j:plain

 

④ フライパンでバター、にんにくを

  中火で30秒間加熱し、お醤油を足します。

f:id:shitteyokatta:20200701021021j:plain

f:id:shitteyokatta:20200701021157j:plain

⑤ ③に④を乗せ、お醤油を乗せ、

  黒コショウをトッピングして出来上がりです。

f:id:shitteyokatta:20200701021219j:plain

f:id:shitteyokatta:20200701021532j:plain

f:id:shitteyokatta:20200701021741j:plain

⑥ 仕上げに黒こしょうをかけると、

  美味しいです。

 

つくれぽ

ちょうど美味しい卵のいただきものがあり、

早速やってみました。

こちらは、新聞広告でもお馴染み、一つ100円の卵。

f:id:shitteyokatta:20200701131155j:plain

フライパンにバターとにんにくを溶かします。

番組ではチューブでしたが、

家にあった瓶詰めを使用。

f:id:shitteyokatta:20200701131214j:plain

f:id:shitteyokatta:20200701131239j:plain

焦がしすぎないように

注意して、お醤油を加えます。f:id:shitteyokatta:20200701131310j:plain

卵白をご飯によく混ぜ

メレンゲ状にふわふわにします。

f:id:shitteyokatta:20200701131348j:plain

先ほどの焦がしバター醤油をかけたら

出来上がり。好みで、黒こしょうを。f:id:shitteyokatta:20200701131408j:plain

感想

バター醤油は最強です!

 

3277円

f:id:shitteyokatta:20200701004405p:plain

2.すりごま温泉卵かけごはん 医師

材料

ご飯    1膳

温泉卵

すりごま

お醤油

 

タンパク質吸収率

生卵 50% 温泉卵 90%p

夏バテ予防には温泉卵を食べると

タンパク質を良く吸収してくれる。

 

亜鉛

ゴマには亜鉛などの

ミネラルが豊富に含まれます。

粒でなく、すりごまにすることで

吸収率が断然高くなります。

 

作り方

① ご飯に温泉卵を乗せます。

 

② すりごま大さじ1杯をかけます。

 

③ お醤油をかけて完成です。

3.中華風卵かけごはん 五十嵐美幸シェフ

材料

ご飯  1膳

卵   1個

ごま油

オイスターソース

粉チーズ

 

作り方

① 卵を卵白と黄身に分けます。

 

② 白身にごま油とオイスターソースを入れて

  混ぜ合わせます。

 

③ 味のつきにくい白身を先に味付けし、

  ごま油で香りとコク、オイスターソースで

  更にコクを出します。

 

④ ご飯に④をかけて卵黄を乗せ

  最後にオイスターソースと相性の良い

  粉チーズをトッピングして完成です。

 

  フェイスシールド

www.dreamlucky777.com

 

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村